忍者ブログ

過疎ってますがごゆっくり。 x = (r), y = (u), z = (f)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 CMLLの講座を書こうと何度か挑戦したのですが、結局CMLLは「講座」という形より「手順の一覧」という形を取った方が使い易かろうと思い、自分でも使い易いようにまとめることにしました。

 CMLL一覧表

 そのうちトップからもリンクして参照できるようにしたいと思います。


 補足。
 上のリストでは、僕が使用している(またはかつて使用していた)CMLLの手順を並べました。
 手順の記号・番号はGilles Roux氏のサイトのものに準拠しています。

 リスト化する際に色々調べたおかげで、手順の良い見直しになりました。

――――――――

 CMLLにも幾つかのテクニックがあります。

 (1)簡易CMLL
 言わずと知れた簡易モード。CO7種+CP2種で計9種類の手順を覚えればOKというお手軽モード。ていうか普通にLBLができる人ならみんな知ってる手順です。簡易でも20秒は切れます。

 (2)M列調整
 手順の途中や終わり際に、たとえば「R」という回転があったとします。この「R」を二層回しにすることで、CMLL終了時のM列センターの向きを調整することができます。
 この調整はもちろんF2B終了時に行ってもOKなんですが、忘れてしまった時はCMLLでもM列調整ができることを思い出してください。
 ただし、手順の終わりがR系やL系以外だとできないので注意。

 (3)KCLL(Kirjava's CLL)
 CMLLの手順の中には、エッジのフリップを伴うものがいくつかあります。それを利用して、CMLL終了時にEOも同時に完了してやろうというのがこのテクニックです(=CMLL+EO)。KCLL用の手順も覚え始めるとどんどん膨大になっていきますが、覚えて損はないテクニックだと思います。
 LSEがネックになる最少手数競技にも適していますね。

 (4)NMCMLL(Non-Matching CMLL)
 Non-Matching方式とは、ブロックを作る際、FBとSBとで違う色のブロックを作るテクニックです。普通ならFBのD面に青を使ったらSBのD面にも青を使いますが、そこで白を使ったりするというものです。正直CNのさらに上をいくテクニックのような気がします。
 難しいですが、とにかくブロックメイキングの幅が広がるので究極的には必須なテクニックと思われます。
 NMCMLLはNon-Matching方式のCMLLで、判断がさらに難しくなっています。とりあえず最少手数競技で使っていきたいですね。


 CMLLも奥が深いです。

◆ 一覧公開ありがとうございます

別冊付録の作成お疲れ様です&ありがとうございます
かなり助かってます
かそちさんに影響受けてroux始めたのですがFB.SBですでにてこずってます
LBL出身なのでD面エッジ入れてからF2L手順に頼ってしまうのですがこれでは利点を殺してますよね・・・
かそちさんはどうやって練習されましたか?

鼻もぐら 2012/03/24 08:38 Edit
■ Re:一覧公開ありがとうございます

かそきゅーぶ発でRouxを始めた方がいるという事実が嬉しいです。
僕もLBL出身なのでもちろん似たような疑問を抱いたことがあります。

・FB
最初にD面エッジを入れる方法で全然OKです。
僕もよくやりますし、最初からD面エッジが入ってるのを見つけたときは優先して利用してます。
ただその後のF2L手順は、回しやすいものはそのまま回していますが、そうでないものはなるべく手数が少なくなるように最適化します。

もちろんD面エッジ以外を出発点にできるよう練習はしています。特に最近は、何らかのペアが見つかればそれを出発点にできるようになってきました。ですが、何もめぼしいペアが無い場合は、やはりD面エッジから優先して作っています。

練習方法のオススメは、「同じスクランブルで色々試しながら何度もブロック作成する」とかですね。そうやっているうちに、自分なりに「こういうやり方もあるんだ」というノウハウが溜まってくると思います。
とにかく何度も作成をしてノウハウを蓄積することが大事です。


・SB
実は、持ち替えずに回せるF2Lはガンガン使います。
M列を使うのは持ち替えを嫌った時、くらいの考えです。

ただしD面エッジは先入れしません。僕はまず(1)コーナー・エッジペアを作成し、(2)次にエッジ1個と今作ったペアを一気に挿入して1x2x2を作り、(3)最後に残ったペアを処理しています。すなわち、上で書いたのは最後に残ったペアを処理するときの話です。

こちらの練習方法のオススメとしては、「Gilles Roux氏のサイトのパターンを一個ずつ回して、動きを理解する」ということでしょうか。暗記しなくてもいいので、(かつてF2Lを理解したように)ナルホドと納得しながら回していければOKです。
もしFBでもD面エッジを先入れしてる場合、Roux氏のサイトのパターンを勉強することで、「ペア作成⇒一気に1x2x2」という方法を習得できます。


FBとSBの講座記事も、そのうち書きますね!

かそち@管理人 2012/03/26 11:49
◆ アドバイス感謝

アドバイス読ませていただきました
FB,SBのビルディング方法にイメージが持てました
すぐにタイムに結果が出てくるようなタイプの人間ではないので成長に時間がかかりますが、書いていただいた内容をもとにコツコツ練習していこうと思います
一例としてでも道しるべがあると練習も不安をもったまませずに済みます
丁寧に教えていただいて本当にありがとうございます

鼻もぐら 2012/04/04 16:45 Edit
■ Re:アドバイス感謝

お役に立てたようで良かったです。
練習頑張ってください!
同じRoux使いとして応援しています。

かそち@管理人 2012/04/07 03:17
◆ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◆ カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
◆ 最新記事
あけましておめでとう2017  (01/03)
暑くなってきましたね  (07/16)
ひさびさの東北オフ  (06/22)
手汗を出す方法  (06/17)
GTS恐るべし。  (06/12)
――――――――――
rouxlogo
Roux Methodについての記事をまとめました。
Roux Methodのコンテストサイト。
◆ 最新コメント
[07/08 あっき]
[06/17 Yuuki]
[06/13 じゅうべい]
[06/06 じゅうべい]
[05/29 cozy]
◆ プロフィール
HN: かそち
HP: twitter
  : youtube
自己紹介:
過疎地へようこそ。
★はじめましての方はこちら

◆ きろく
3x3
(非公式)
single: 8.22
avg5: 11.17
avg12: 11.42
avg100: 12.35

(公式)
single: 13.84
avg5: 15.97

その他の記録はこちら
◆ カウンター
◆ アクセス解析
◆ ブログ内検索
◆ 広告
 表示する規約なので。
 はみ出してても(゚ε゚)キニシナイ!!
PR
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]